ピロリ菌の再除菌

ピロリ菌が胃や十二指腸に感染すると、萎縮性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ポリープ、まれに、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病などを引き起こす。胃癌の原因にもなる。

ピロリ菌の診断は、胃カメラで組織を検査する方法(迅速ウレアーゼ試験)以外にも、薬を飲んで息を検査する尿素呼気試験、採血でピロリ菌抗体を検査する方法などがある。

ピロリ菌の感染は、年齢とともに増加し、40歳で半数、60歳で6割の人が、ピロリ菌に感染している可能性がある。もちろん、病気を起こす人は感染者の一部であるが、ピロリ菌を殺すことで、ピロリ菌関連の病気の治療や予防をすることができる。これを、除菌という。

除菌には、胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害剤に2種類の抗生剤を併用する。具体的には、プロトンポンプ阻害剤+アモキシシリン+クラリスロマイシンの3剤を1週間投与する。

最近、クラリスロマイシンの耐性のあるピロリ菌が増えて、1回でピロリ菌の除菌が成功する率が70%ほどに低下している。

1回目の除菌に失敗した場合、抗生剤のクラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更して、再度、除菌を行う。

つまり、プロトンポンプ阻害剤+アモキシシリン+メトロニダゾールの3剤を1週間投与する。

かくいう私も、1回目の除菌に失敗し、ただいま、二次除菌に挑戦中
 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です