肺がんのリスクファクター

がんになりやすい原因をつくるものを、リスクファクターという。肺がんの代表的なリスクファクターは、タバコである。

日本での喫煙者の非喫煙者に対する肺がんリスクは、男性で4.4倍、女性で2.8倍。つまり、タバコを吸うと、吸わない人に比べてそれだけ肺がんになりやすくなる。

肺がんの組織型によっても違いが大きく、扁平上皮がんで、男性が12倍、女性11倍。腺がんで、男性2.3倍、女性1.4倍。

タバコで肺がんになるのは、肺がんの患者全体の、男性で68%、女性で18%と推計されている。

他人のタバコの煙を吸い込む受動喫煙でも、肺がんリスクが20-30%上がる。

喫煙以外にも、アスベスト、シリカ、砒素、クロム、コールタール、放射線、ディーゼル排ガスの暴露、空気中のラドンなどが、肺がんのリスクとして報告されている。

喫煙、大気汚染、職業での暴露、慢性閉塞性肺疾患などが、肺がんのリスクファクターとなる。

さらにくわしい肺がんの解説はこちら >> 「肺がん」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です