エアコンに補助金をください

暑い夏が終わって、暑い秋が続いている。今年は高齢者の熱中症が多く、うちの病院にも入院している。

アメリカでは、かなりのアパートが少々古くても、エアコンが備え付けられている。しかも、電気代、水道代こみで家賃が決められているので、使用量を気にせず、エアコンやシャワーを使うことができる。

これだけ夏が暑いと、エアコンは生活必需品である。地球温暖化でこれからも、夏が暑く、冬が寒い、日本になっていく。

車の補助金も必要だろうが、賃貸住宅へのエアコンの補助金や、電気料金の助成を行って、暑い夏への対策を考えて欲しい。

エアコンのない小・中学校も多いが、我慢して体を鍛えるレベルではなく、体を壊してしまう。

エアコンが増えれば、ますます、暑くなり、電気の使用量も上がるかも知れないが、命に関わる問題になっている。
 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です