COPDという病気

COPDは、肺が慢性的な炎症をおこして空気の流れが悪くなり、十分な酸素の取り込みが難しくなる病気です。

咳や痰、息切れが主な症状で、放置するとゆっくりと肺の機能が低下し、日常生活に支障をきたすようになります。

COPDの9割はタバコが原因で、逆に言うと、タバコを吸う人はCOPDの予備群か、もうCOPDになっているかも知れません。

初めのうちは、咳や痰や息切れなどで、タバコの吸いすぎ、歳のせいと簡単に考えているのですが、だんだん進行すると、普通の生活にも支障来すようになり、肺機能の低下や肺炎を合併して死亡します。

COPDは日本人の死亡原因の第10位なのですが、がんや心臓病、脳卒中にかくれて、その怖さがもうひとつ知られていないようです。

COPDは徐々に進行するので、放っておくと、症状はどんどん悪化していきます。

COPDの患者さんの肺は少しずつ壊れていくので、たとえば、禁煙したからといって、すぐに元に戻るわけではありません。

もちろん、タバコを吸っている人は、毎日、肺が壊れていくわけですから、早く禁煙するのに越したことはありません。

薬物療法として、気管支を広げる薬(気管支拡張薬)や、炎症を抑える薬(ステロイド薬)を吸入や内服、貼り薬で投与します。

薬を使う大きな理由は症状を軽くするだけでなく、病気の進行を抑えることです。

ですから、早期から薬を使うのが大事です。

ところが、この説明をなかなかわかってもらえません。

タバコを止めればいいんでしょ。

薬を吸っても、あまり、効いている気がしないです。

そのうちに、だんだん病院から足が遠のいて、症状がひどくなった頃には、かなり病気が進行しているので、もはや、効く薬があまりありません。

COPDという病気の認識は、まだまだ低く、かなり重症になってからしか病院に来てもらえない。なかなか、早くから治療を受け入れてもらえないのが現状です。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

2018.09.18
写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です