あなたの未来を占います

首の血管エコー(頸動脈エコー)で動脈硬化の所見が強い人をみかける。血管にプラークというこぶができて、血液の流れが悪くなっている。

たいていは、喫煙者で、肥満があり、飲酒量も多い。血糖値も高めである。

名前をつければ、メタボリックシンドロームということになるが、心臓や脳の血管がつまる危険がきわめて高い人たちだ。

私は、人間ドックの検査説明をすることもあるので、動脈硬化の兆候がすでにある人には、時間を割いて丁寧に説明しているつもりだが、どこまでわかってもらっているだろうか。

生活習慣病というと、タバコを止める、休肝日を作って飲酒量を減らす、体重を減らす、運動をする、それでいいんでしょうと思われる。

しかし、実際には、遅くまで仕事があるので運動する時間がとれなかったり、食事が不規則になる、ストレスが多いなどの背景があり、毎日の生活習慣を変えるのは容易なことでない。

生活習慣は、すでに習慣になっているので、簡単には変えられない。それが、生活習慣病の恐ろしいところである。

すでに頸動脈エコーで動脈硬化の変化が出ている人は、首の血管以外にも、脳や心臓など体中の血管に動脈硬化が進行していると考えた方がいい。

このまま治療をせずに同じ生活を続けると、あと、5年、10年で心筋梗塞や脳卒中になりますよ。と説明することもあるが、別に脅しているつもりはない。

それは現実であり、路上の占い師よりは高い確率で将来を見通していると思っている。

写真なし

2 件のコメント

  • 小生にもプラークが、形成されている可能性ありと思っています。
     3年前に、脳ドック(MRI検査)を受診した際、首の頸動脈の一方の血管が20数%狭まっていると医者より、告げられました。もう一方は、数%らしいのです。
    担当医は、しばらく様子を見ようと言っていました。3年経ちましたので、今年脳ドック検診を
    受けようと思っていましたが、今日現在未受診です。
     3年前、異常が解って以来、年間の晩酌摂取率を年間30%程度に押えています。
    最近少し多くなっていますが。煙草は、嗜んだことは、69年間ありません。
    もし、本当であれば、どんな治療をすればよろしいのでしょうか?
    ちなみに、血糖値、コレステロール、肥満等、指摘を受けるような項目はありません。
    ただ、高血圧は24年間投薬治療を受けています。一日朝一錠です。
     スポーツジムに通い、適当な運動もしております。
    69歳の年齢にしては、元気な方と自負しておりますが、心配の種です。
                                          呉の退屈男

  • 返事が遅くなりました。いつも、ご覧いただきありがとうございます。頸動脈が20数%の狭窄というのは、すぐに治療をする段階ではないと思いますが、年に1回程度はチェックが必要です。頸動脈エコーと、頭部MRI、このときにMRAという検査で、脳の動脈を同時に検査できますので、医療機関にご相談ください。
    頸動脈が狭窄している場合は、保険診療で頸動脈エコー、頭部MRIなどを受けることもできるはずですから、ドックではなく、外来でも対応してくれると思います。
    動脈硬化のリスクは、高血圧、高血糖、肥満、喫煙などがあり、それ以外にも、まだはっきりとわかっていない遺伝的な問題があります。
    呉の退屈男さんは、高血圧のコントロールを、もう一度、見直してもいいでしょう。起床時の血圧をチェックしてみてください。
    動脈硬化が進んでいる場合、頭部MRIで異常がある場合には、血液をさらさらにする薬を追加する場合があります。
    おわかりになりくにいところは、また、ご質問ください。
    医知場

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です