OTC(オーティーシー)とは何でしょう

薬局やドラッグストアで販売されている医薬品のことを、OTC医薬品と言います。

OTCは、英語のover the counterの略で、薬局のカウンター越しに置かれていたので、こう呼ばれています。OTCは一般用医薬品、大衆薬、市販薬ともいいます。

OTCに対して、医師の処方せんが必要な医薬品を、医療用医薬品といい区別しています。

OTCには、かぜ薬や点眼薬、湿布、胃腸薬などたくさんの薬が売られています。

これまで、医療用医薬品として医師の処方せんが必要だった薬が、OTCとして販売されるケースがあります。

医療用からOTCにスイッチしたので、スイッチOTCといいます。

薬剤師の常駐する薬局で、薬剤師の説明のもとで販売するのが決まりです。

スイッチOTCは、もともとは医療用のもので、効果も十分にある代わりに、副作用の心配もあります。

よく理解して服用すれば問題ないのですが、漫然と飲み続けたり、副作用の心配のある薬を知らずに飲んでしまうのが心配です。

薬剤師の方は、薬の知識はあるでしょうが、病気の診察や治療の経験はありません。ですから、スイッチOTCを使う期間はできるだけ短期間にし、調子が悪ければ、やはり、医師の診察を受けた方がいいと思います。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です