肩痛を治して、ギターを弾こう

3年前から、エレキギターを習っている。

月に2回ほど、30分のレッスンだ。

僕は30年来の山下達郎ファンなので、昔からエレキギターに憧れていた。

楽器屋でギターを眺めるのが好きで、いつかは手に入れようと思っていた。

しかし、音楽はまったくダメ。小学校のときは、通知表の5段階で2。入試の科目にないので、まったく勉強せず。楽譜も読めるわけもない。

娘が小学校になったとき、ピアノを習い始めて、傍目でうらやましく感じていた。

不思議なもので、親は楽器ができないくせに、子どもには熱心に習わせている。

でも、僕だってまだできる。

子どもがピアノを習うなら、自分はギターを習おう。

そう思って、ギター教室に通うことにした。

生まれてはじめてエレキギターを持ったときは、重くて、大きくて、それでも美しい姿に感動した。試し弾きさえままならなかったが、山下達郎の名曲、「スパークル」の最初のコード、Amaj7の押さえ方だけ覚えていった。

最初に買うならフェンダーと決めていたので、店中のフェンダーのギターをAmaj7で弾いてみた。その中で、自分なりに一番いい音がしたのが、僕の最初のエレキギターになった。

Amaj7は1弦から4弦までしか押さえないので、よくわからなかったが、実は6弦側のネックに少しねじれがあることに後で気づいた。

保証期間だったので、銀座の山野楽器に送られて修理を受けたが、一度では治らず、二度も銀座に行った福岡では数少ないギターだろう。

ボディがコーラのあめ色なので、キャンディと名前をつけた。

いつか、達郎のAmaj7のカッティングで、ナースの度肝を抜いてやろうと思っているが、その前に、40肩か50肩か知らないが、左肩痛を治さなくてはいけない。

写真なし

2 件のコメント

  • もう3年にもなるんですね。
    最近は、ネットでセッションが出来るネットデュオというソフトウェアがありまして、いつか試してみたいです。
    相手がおりませんので(笑)

  • 今日は、ギター教室の発表会をライブハウスでやりました。シンディ・ローパーのtime after time。まあ下手なんですが、個人的には達成感がありました。なんせ、肩が痛いので、まずは体を鍛えようと本気で思ったのでした。嫁さんからは、見栄えが悪いので、まず、やせろと言われたのですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です