アメリカの原発が浸水してます

アメリカのネブラスカ州の原子力発電所が、近くのミズーリ川が氾濫して、一部が水没している。

一時は、電源も停止したようで、大変な事故なのだが、あまり報道されていない。

ネブラスカ×原発で検索すれば、たくさん記事がでているが、意外と知っている人が少ない。

もともと、原発は冷却のために大量の水が必要なので、水を確保しやすいところに建っている。

日本なら海岸沿い、アメリカは大きな川に沿っている。

津波で原発が破壊されるのは日本くらいかと思っていたが、洪水で川が氾濫すれば、アメリカの原発にも危機がくる。

福島は東京から100km、ニューヨークから60kmにも、福岡から50kmにも、原発がある。

しかも、今まで気づかなかっただけで、原発の事故は世界中で起きている。

私も、原発の事故が起きれば、家を捨てて避難しなければならない地域に住んでいる。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です