肝癌の腫瘍マーカー

肝臓の癌には、肝臓からできる癌(原発性肝癌)と、他の臓器から肝臓に転移してできる癌(転移性肝癌)があります。

原発性肝癌には、肝細胞からできる肝細胞癌と、胆管細胞からできる胆管細胞癌があり、このうち95%以上が肝細胞癌です。

肝細胞癌の原因のほとんどは、B型およびC型肝炎ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変によるものです。

肝細胞癌にはAFP、PIVKA-IIなどの優れた腫瘍マーカーがありますが、胆管細胞癌には良い腫瘍マーカーがありません。

肝細胞癌の腫瘍マーカー:

  • AFP(α-fetoprotein, アルファ-フェトプロテイン)

AFPは肝細胞癌の代表的な腫瘍マーカーです。
AFPは肝細胞が再生するときにも産生されるので、肝細胞癌のない慢性肝炎や肝硬変でも上昇することがあります。
AFPが持続的に上昇する場合は、将来癌ができる危険が高いと考えられています。AFPの上昇がある場合は、AFPの一部であるL3(AFP-L3)が参考になります。

  • AFP-L3

AFPの一部であるAFP-L3は肝細胞癌に対する特異性が高く、癌の悪性度が高い、癌の個数が多い、癌が大きいなどの場合にAFP-L3が高値になります。

  • PIVKA-II

肝細胞癌に特異性の高い腫瘍マーカーですが、AFPとの関連がないため、AFPでの見落としをカバーするために使われることがあります。
癌がない場合でも、黄疸や薬剤(ワーファリンや抗生物質など)でビタミンKが欠乏したときに上昇することがあります。

これらの腫瘍マーカーを組み合わせて、診断の補助につかいます。

また、治療効果の判定や、再発の診断にも参考になります。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です