骨折リスクを予測するツール、FRAX

高齢者の寝たきりの原因の上位に、骨折があります。

骨折を予防することは、高齢者にとって重要な問題です。

 

骨密度は、骨折リスクを測る大事な検査ですが、

それだけで骨折のリスクを評価できるわけではありません。

 

FRAXは、WHOが作成した骨折リスクの評価ツールで、インターネットで公開されています。

>> FRAXのホームページ http://www.sheffield.ac.uk/FRAX/tool.jsp?lang=jp

 

FRAXは、骨密度の測定なしで、10年間の骨折確率を計算することができます。

骨粗鬆症性骨折(Major osteoporotic)15%以上では、薬物療法を検討する必要があります。

ただし、75歳以上の女性は、このツールでは計算できません。

 

インターネットの入力画面上の用語を解説しておくと、

糖質コルチコイドとは、プレドニゾロン5mg以上、3か月以上内服している人。

二次性骨粗鬆症とは、1型糖尿病、成人の骨形成不全症、長期にわたり未治療であった甲状腺機能亢進症、性機能低下症、早発閉経(45歳未満)、慢性的な栄養失調あるいは吸収不良、慢性肝疾患など。

アルコール1単位は、アルコール量で8-10g。目安として、日本酒1合、23g;缶ビール 350ml、12g;ワイン グラス1杯、12g;焼酎1合、35g;ウイスキー シングル1杯、19g

 

FRAXは、日本の骨粗鬆症ガイドラインでも、おすすめの評価ツールなのですが、

まだまだ、一般には普及していない印象です。

寝たきりの原因になる骨折を、早くからみつける、リスクの高い人を見つけだして、予防する。

そうしたアプローチが、ますます必要な時代になっています。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です