この薬は一生飲むんですか

「先生、薬は一回飲み出すと、一生飲まないといけないんでしょう。」

薬をだそうとすると、よく患者さんから言われます。

自覚症状がとくにない人は、血圧、糖尿病、コレステロールの薬などを飲むことを受けいれられないのでしょう。

別に覚醒剤をだすわけじゃありませんから、薬のせいで止められなくなるわけじゃありません。

これから、病気が進んだり、他のひどい病気を起こさないために、

今のうちに、病気をコントロールしておいた方がいいから、 薬をだすんです。

ずっと、薬を飲む必要があるかも知れませんが、

それより、もっと、たくさんの薬や、強い薬を使わずに治療できるうちに始めたほうが得です。

もちろん、肥満がある人は、食事制限で減量したり、 運動をしていない人は、体を動かすことで、薬を使わずにすむ人もいます。

納得できない人に強制することはできないので、 何度か通ってもらって説明をくり返したりしますが、 頑固に薬を拒否する人もいます。

薬をいったん飲んだら、終わり。 一生、飲み続けなければいけなくなる。

そればかり考えて、薬を飲まないのは間違っています。

病気の状態が、薬が必要な段階にあるということです。

薬を長期間飲み続けるのは気が重いでしょうが、

治療が遅れれば、 それだけリスクにさらされる時間が長くなってしまいすので、

いつまで飲むのかということより、

いま、薬が必要なんだということを理解してほしいと思っています。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です