憩室炎(けいしつえん)

憩室(けいしつ)とは、

腸の壁の一部が袋状にとびだしている状態です。

大腸を外から、お腹を開いた状態でみると、大腸に小さな風船のような袋がくっついているように見えます。

大腸ファイバーで、腸の内側からみると、腸の壁の一部がへこんで見えます。

憩室は、年をとると誰にでも起こるもので、40歳を越えたあたりから、増えてきます。

大腸に圧力が長年かかる結果、腸の壁の一部がとびだしてくるのです。

食事の欧米化によって、食物繊維の摂取量が減っているのも原因になっています。

 

憩室があっても、とくに症状がなければ、治療をする必要はありません。

しかし、憩室に細菌の感染がおきると、憩室炎(けいしつえん)を起こし、腹痛や発熱、出血などの症状があらわれます。

憩室炎は、腹部CT検査や超音波検査、採血検査で診断します。

 

憩室炎は、腸を安静にするために絶食、抗生剤の投与などのために、入院治療が必要になることがあります。

また、重症化して腸に穴があくと、腹膜炎をおこして、緊急に手術が必要です。

 

憩室があるからといって、必ず、憩室炎が起こるわけではありません。

何も起こらずに、過ごしている方がほとんどです。

しかし、便秘を起こすと憩室炎が起こりやすくなりますから、

普段から繊維質の多い食品と水分を十分にとり、

便通のコントロールを行うことは大事なことです。

写真なし

2 件のコメント

  • 腹痛で絶食後8日目に3部粥で11日間入院後もまだ、鈍い痛みがシクシクと
    痛みますが、大腸けい室かも。。。次回又、痛みがある場合は手術をすると言われてますが腸を
    どの位切除するのでしょうか?

    参考程度でも教えていただければと思います。

    • 原様、コメントありがとうございます。
      私は内科医なので、参考程度に聞いてください。

      憩室ができている範囲はふつうはそう大きくなく、
      炎症を起こしている腸とあわせて切断してつなぎ合わせる手術ですので、
      腸の癒着がなければ、短時間で終わる手術だと思います。

      切除範囲や手術の方法は、病気の状態によって変わりますので、
      主治医にご相談ください。

      次回より、ぜひ、Q&Aコーナーへの投稿をお待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です