ヘリコバクター・ピロリ除菌療法

ヘリコバクター・ピロリ菌は、

胃の粘膜に感染する細菌で、

40歳以上で、70%以上の人が感染しているといわれています。

 

ピロリ菌の感染を診断するには、

胃カメラで胃の組織を検査する方法と、

呼気や血液検査で検査する方法があります。

 

ピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍、胃癌の原因になることが知られています。

ピロリ菌を殺す治療を、除菌療法といいます。

 

除菌療法では、

以下の3種類の薬を、1日2回、7日間、飲みます。

ペニシリン系抗生剤、

マクロライド系抗生剤、

プロトンポンプ阻害剤(胃酸を抑える薬)

 

最近では、マクロライド系の耐性菌が増えているために、

最初の治療がうまくいかないときは、

メトロニダゾールによる再除菌も行われています。

写真なし

1 個のコメント

  • ただいま、自分のiPhoneから、コメントをいれています。スマートフォンでも、読みやすくなりました。仕事先や自宅から、気楽に、スマホでご覧ください(^-^)/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です