熱中症の分類

I度:

めまい、大量の発汗、立ちくらみ、筋肉痛、こむら返りなどの症状。

意識障害はない。

通常は、入院の必要はなく、

安静、口から水分と塩分を補給する。

I度の症状が徐々に改善しているときは、現場の応急処置と見守りでよい。

しかし、症状の改善がないときは、病院へ搬送する。

 

II度:

頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下がある。

入院して、安静、体温管理、水分と塩分の点滴投与などが必要になる。

 

III度:

重症の熱中症。

不穏、意識障害、けいれん、運動失調などの中枢神経症状

肝臓、腎臓の障害

血液凝固障害

のうち、いずれか1つあればIII度。

III度かどうかは、救急隊や医師が診察、検査して診断する。

III度では、体温、呼吸、循環管理などの集中治療が必要になる。

 

応答がおかしい、ぼーっとしている、など、意識状態の異常があるときは、重症(III度)のサインです。

すぐに、救急車をよびましょう。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です