目薬の正しいさし方

日頃、何となく使っている目薬。

やはり、薬ですから、きちんと使用しないと効果がなかったり、副作用がでやすくなったりします。

目薬(点眼薬)の正しいさし方を勉強しましょう。

 

1.点眼前には、手を石けんなどでよく洗う。

2.下のまぶたを軽く下に引っぱり、容器の先がまつげやまぶたに触れないように注意して、点眼する。

3.決められた滴数で使用すること。たくさん使うと副作用がでやすくなる。

3.点眼後は、軽く目を閉じて、涙嚢部(目の間の鼻の両側)を軽く押さえる。

こうすると、鼻の奥に薬が流れ込まなくなる。

点眼後に薬がなじむように眼をパチパチさせるのは、涙がでて薬の効果が弱くなるのでダメ。

4.目の周りのあふれた薬は丁寧に拭き取り、手に付いた薬は洗い流す。

皮膚に付着したままだと、副作用が出ることがある。

5.複数の点眼薬を使うときは、5分以上、間をあける。

薬が吸収される時間が十分にないと、効果が薄くなる。

 

直射日光や高温にさらさない。

使用期限を過ぎたものは使わない。

懸濁液はよく振ってから使用する。

点眼後はきちんとふたを閉める。

など、基本的な注意も忘れずに。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です