悪心? あくしん?

胸がむかむかして吐き気のすること、

を医学用語で、悪心といいます。

 

さて、何と読むでしょう?

あくしん?

 

それは間違いで、実は、おしん、と読みます。

ちなみに、悪心をあくしんと読むと、

悪い事をしようとする心、

のことになり、意味がまるで違ってきます。

 

医者でも読み間違う人がたくさんいて、

昔、私が研修医の頃、カンファレンスでおしんと読んだら、

院長に「それはおしんと読むのか!」と感心されたことがあります。

 

おしんのある患者さんは、吐き気のある人で、

別に悪事をたくらんでいる人ではありません。

 

<参考> 大辞林 第2版、三省堂編

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です