バセドウ病

甲状腺は、首の前側、のど仏のすぐ下にある、蝶型の小さな臓器です。

蝶の羽にあたる側葉は、縦4-5cm、横1.5cmほどです。

甲状腺は、ヨードを原料に甲状腺ホルモン(T3, T4)を作っています。

甲状腺ホルモンは、心臓や肝臓、腎臓、脳など全身の臓器に働いて、細胞の代謝を調節するのに大切な働きをしています。

代謝とは、車のエンジンのようなものです。

車は、アクセルを踏み込むと、エンジンの回転数が上がり、速度が速くなりますよね。

甲状腺ホルモンは、人間の体にアクセルのように働いて、臓器の働きを活発にします。

甲状腺ホルモンは、アクセルが効きすぎたり、ブレーキが効きすぎて、暴走しないように、複雑に調節されています。

 

甲状腺ホルモンの調節がうまくいかなくなり、甲状腺ホルモンの量が過剰になった状態を、

甲状腺機能亢進症(または甲状腺中毒症)といいます。

逆に、甲状腺ホルモンが減った状態を、甲状腺機能低下症といいます。

甲状腺機能亢進症の約70%が、バセドウ病です。

バセドウ病は、免疫のバランスがくずれ、抗体が自分の甲状腺を刺激するようになった自己免疫疾患です。

バセドウ病は、
・男女比は1:5-10で、女性に多い
・20-30歳代の発症が多い
・有病率は、人口1000人あたり5人程度で、頻度が高い

古典的なバセドウ病の症状は、メルセブルグ(Merseburg)の3徴候といわれる、

動悸、甲状腺腫、眼球突出が三大症状といわれますが、実際は、ほかにも多彩な症状を認めます。

主な症状を列記すると、
・体重減少
・倦怠感、易疲労感
・活動性亢進、易刺激性、気分変調、不眠
・動悸、心房細動
・多汗
・排便回数の増加、下痢
・筋力低下
・周期性四肢麻痺
・過小月経、無月経、性欲減退

また、若年者では、神経過敏、易疲労感、動悸、暑がり

高齢者では、体重減少、食欲減退といった症状が目立ちます。

 

身体所見

・びまん性甲状腺腫(甲状腺全体が腫れる)
・眼症状:眼瞼後退、眼球突出、眼瞼腫脹
・グレーフェ(Graefe)徴候:下方視させると、眼が開いて白目の部分がみえる。
・振戦:手指が細かくふるえる
・温かく湿った皮膚、手掌紅斑、爪甲剥離、脱毛
・うっ血性心不全、下肢の浮腫
・前頸骨粘液水腫:下腿の頸骨前面に左右対称にオレンジの皮のような固い隆起

検査成績

・コレステロール低値
・アルカリホスファターゼ高値
・AST、ALT軽度増加
・尿糖陽性、空腹時血糖値軽度高値

内分泌検査

・血清TSH低値
・FT4高値
・FT3高値
・TSH受容体抗体陽性

画像検査

・超音波検査
・放射性ヨードシンチグラフィ

治療

・抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)
・放射性ヨード
・手術(甲状腺亜全摘出)

診断基準

バセドウ病の診断ガイドライン(甲状腺疾患診断ガイドライン2013)

a)臨床所見
1.頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見
2.びまん性甲状腺腫大
3.眼球突出または特有の眼症状

b)検査所見
1.遊離T4、遊離T3のいずれか一方または両方高値
2.TSH低値(0.1μU/ml以下)
3.抗TSH受容体抗体(TRAb, TBII)陽性、または刺激抗体(TSAb)陽性
4.放射性ヨード(またはテクネシウム)甲状腺摂取率高値、シンチグラフィでびまん性

1)バセドウ病:a)の1つ以上に加えて、b)の4つを有するもの
2)確からしいバセドウ病:a)の1つ以上に加えて、b)の1、2、3を有するもの
3)バセドウ病の疑い:a)の1つ以上に加えて、b)の1と2を有し、遊離T4、遊離T3高値が3ヶ月以上続くもの

<付記>
1.コレステロール低値、アルカリフォスターゼ高値を示すことが多い。
2.遊離T4正常で遊離T3のみが高値の場合が稀にある。
3.眼症状がありTRAbまたはTSAb陽性であるが、遊離T4およびTSHが正常の例はeuthyroid Graves’ diseaseまたはeuthyroid ophthalmopathyといわれる。
4.高齢者の場合、臨床症状が乏しく、甲状腺腫が明らかでないことが多いので注意をする。
5.小児では学力低下、身長促進、落ち着きの無さ等を認める。
6.遊離T3(pg/ml)/遊離T4(ng/dl) 比は無痛性甲状腺炎の除外に参考となる。
7.甲状腺血流測定・尿中ヨウ素の測定が無痛性甲状腺炎との鑑別に有用である。

参考

日本甲状腺学会ホームページ 甲状腺疾患診断ガイドライン2013(2018.9.10閲覧)

甲状腺機能の血液検査

2011.10.31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です