肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの接種間隔

今シーズン、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを、

両方とも接種する予定の方に、お願いです。

 

インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種は、

間隔を1週間以上あけてください。

 

インフルエンザワクチンは、年1回。

肺炎球菌ワクチンは、5年に1回です。

 

肺炎球菌ワクチンは、毎年、接種するワクチンではありませんので、

注意してください。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です