インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザはインフルエンザウイルスによっておきる感染症で、

毎年11月下旬から12月上旬頃に始まり、1-3月頃に流行のピークをむかえます。

インフルエンザウイルスにはA, B, Cの3タイプがあります。

このうち、流行するのはA型またはB型です。

高齢者や小児、免疫力のおちている人では死亡することもあります。

 

症状

・突然の発症

・38度以上の発熱・悪寒(ゾクゾク感)

・関節痛・筋肉痛

・全身倦怠感・疲労感

・頭痛

・咳、鼻づまり、のどの痛み

 

原因

・インフルエンザウイルスA型またはB型

・患者の咳やくしゃみなどによって病原体が飛び散って感染する(飛沫感染)

・潜伏期は1—3日

・発症前1日から発症後3-5日までの間、感染します。

 

診断

迅速診断キット:のどや、鼻腔から10-30分で診断可能です。

 

治療

・安静・保温・水分の補給

・解熱剤

・抗ウイルス剤:48時間以内の早期投与が必要です。

1.A型のみ有効:シンメトレル

2.A型・B型ともに有効:

     リレンザ(吸入、5日間)
     タミフル(内服、5日間)
     イナビル(吸入、1回投与)
     ラピアクタ(点滴、1回投与)

 

合併症

・肺炎

・小児では、意識障害と肝機能障害をきたす「ライ症候群」を合併することがあります。

アスピリンの使用で頻度が上がることが報告されていますので、

解熱のために小児のインフルエンザにアスピリンを使用することは控えてください。

 

予防

インフルエンザワクチン:インフルエンザワクチンは、効果が現れるまでに通常約2週間程度かかります。

流行が始まる前の11月末頃までにワクチンを受けてください。

ウイルスは毎年少しずつ変異しますので、毎年ワクチンをうつ必要があります。

 

>> ワクチンを受けた後の注意

・ワクチンを注射した日は、激しい運動や大量の飲酒は避けてください。

・入浴はできますが、注射したところはこすらないでください。

・発疹や高熱がでたら、注射をうけた病院や診療所に相談しましょう。

・注射したところが赤く腫れたり痛んだりすることがありますが、2−3日で治ります。腕全体が腫れたりしたときは、医師の診察を受けてください。

・近いうちに別の予防接種を受けるときは、6日以上間隔をあけて、反対側の腕に注射してもらいましょう。

 

以下に該当する方は、インフルエンザにかかりやすく重症化しやすいので、ワクチンを強くおすすめします。

・65歳以上の高齢者

・呼吸器疾患(肺気腫、気管支喘息など)

・心疾患(心不全、弁膜症など)

・腎疾患(慢性賢不全・血液透析患者など)

・糖尿病

・免疫の低下している人(AIDSなど)

・医療関係者

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です