肺癌と遺伝子

癌の化学療法(抗癌剤治療)は、組織の分類や、遺伝子変異の有無によって、

最適な治療法が変わってくる。

 

正常な細胞が、遺伝子に異常を起こして、癌細胞に変化する。

この遺伝子異常のしくみがわかれば、そこを選択的にねらった治療ができるようになる。

こうした薬は、分子標的薬といわれる。

 

いまのところ、肺癌の分子標的薬のターゲットになる遺伝子は、

EGFRとEML4-ALK

 

それぞれに薬が開発されているが、その遺伝子に異常がある人にしか効かない。

いわゆる、オーダーメイドの治療薬である。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です