熱中症の応急処置はFIRE

じりじりと熱い太陽が照りつけ、急激に気温が上がってきました。

熱中症が心配な季節になりました。

 

熱中症は、できるだけ速やかに対応することが重要です。

とくに、意識障害があるときは、重症のサインです。

熱中症の応急処置は、FIREと教えられています。

 

F(fluid):水分と塩分の補給

経口摂取が可能であれば、水やスポーツドリンクとともに塩分をとる。

・水1Lに、砂糖大さじ4杯、食塩小さじ半分を加える。

・スポーツドリンク1Lに、食塩小さじ半分を加える。

 

I(ice);身体の冷却

できるかぎり衣類をゆるめるか、脱がせる。

水をスプレーし、うちわや扇風機で風を送る。

アイスバッグや冷えたペットボトルを、首筋、腋の下、股などにあてる。

冷水につける方法もあるが、顔面が水につからないように細心の注意が必要。

 

R(rest):安静

日陰、風通しのいいところ、冷房のきいた部屋などへ移動させる。

誤嚥を防ぎ、体表面の露出が多くなる、側臥位(横向き)にする。

 

E(emergency):緊急事態の認識

大きな声で呼びかけ、反応を確かめる。

名前や日付、場所がわからない。

ぼーっとしている、言動がおかしい、不穏などの症状があれば、

重症のサインなので、ためらわずに救急車を呼ぶ(119番通報)

熱中症

2017.07.07
写真なし

2 件のコメント

  • はじめまして。
    わたくしは、企業の医務室に勤務する看護師(有:保健師)です。
    業務の一環で定期的に医務室だよりを発行しております。
    工場も併設されております。
    そろそろ熱中症のシーズンで、今回のテーマは熱中症でいこう。と
    考えておりましたところ、「熱中症の応急処置はFIRE」という文言が目に止まりました。
    工場の皆さんにもわかりやすく、迅速に判断、処置ができるよう、
    この「FIRE」 活用させていただきたく存じますが、よろしいでしょうか。
    まるごと転記はしないよう心がけたいと思っております。
    よろしくお願い致します。

    • コメント、ありがとうございます。

      引用の件は、まったく問題ありません。
      どうぞ、ご活用ください。

      熱中症ガイドライン2015が、インターネットで閲覧可能です。
      それによると、熱中症の発生ピークは、梅雨明け直後、または、
      梅雨明け前の連続した晴天で、梅雨明け前後の暑さに最も注意が必要。
      とのことです。
      今から、熱中症対策が大事です。

      医知場を、今後とも、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です