ヘルパンギーナ

夏かぜの代表的な疾患で、毎年6-8月に流行します。
1-4才児に好発します。

症状

38-40℃の発熱が1-3日続きます。
のどの奥に小さな水ぶくれできたり、粘膜がただれたりして、のどがひどく痛みます。

原因

A群コクサッキーウイルスが主ですが、まれにB群コクサッキーウイルスやエコーウイルスが原因になります。

  • 潜伏期間:およそ2-4日
  • 感染経路:患者の咳やくしゃみによる飛沫感染が多い。
    ウイルスは便にも排泄されるので、おむつや下着、床、おもちゃなどを介した感染も少なくない。

治療

症状をおさえる対症療法が中心です。
発熱やのどの痛みに解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)を使うことがあります。
水分を十分にとって、脱水症にならないように注意しましょう。

発熱、頭痛、嘔吐の症状があれば、髄膜炎を合併している可能性がありますので、医師の診察を受けてください。

 

参考

国立感染症研究所 http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です