地域包括ケア

高齢者が住み慣れた地域で、できるだけ自立した日常生活が送れるように、

医療と介護が中心となって、地域全体でケアを提供するしくみを、地域包括ケアといいます。

 

急激な人口の高齢化がすすむ日本で、介護が必要になったり、認知症がすすんだりする高齢者が、急増していくと思われます。

高齢者がいつまでも住み慣れた地域で生活を続けていくためには、

快適に住める住まいの確保や、

在宅診療や、急な入院に対応できる医療、

施設や訪問の介護サービス

元気に暮らすための生活支援や介護予防

などが連携して、高齢者の生活を支えていくことが必要です。

いわゆる、「地域包括ケア」が、これからの医療と介護のキーワードになります。

 

団塊の世代が75歳以上になる2025年にかけて、とくに急速な高齢化が予想されています。

それまでに、いかに対策を練るかが、大きな課題になっています。

5輪の花

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です