アメリカの仮想病院

ミズーリ州 チェスターフィールドのMercy Hospitalで、初めての仮想病院(Virtual Care Center)が2015年にオープンします。

およそ300人の医師、看護師、研究者などが常駐し、24時間対応で、インターネットを介した遠隔医療を行います。

郊外の病院の医師と、Mercy病院の脳卒中や感染症などの専門家が、

オンライン上で、診断や治療を協力して行うシステムなどが、中心となるようです。

 

インターネットで、遠く離れた患者でも、高度な判断と治療が提供できるようになる時代が、

現実のものになりつつあります。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です