人は、なぜ、怒るのか

他人の様をみて、ふと、怒りが湧いてくることがある。

なぜ、人は怒るのか。

それは、相手の中に、自分が見えるからではなかろうか。

身近な人ならば、なおさら、相手のことがよくわかる。

 

弱い自分、

汚い自分、

卑怯な自分、

嘘をつく自分、

保身に走る自分、

他人のせいにする自分、

 

相手の話や行動のなかに、そんな自分が透けて見えるからではないか、と思う。

相手が許せないのは、

そこに見え隠れする自分の姿が、許せないからではないか。

 

そんなときは、怒りの感情の原因が自分にあることを自覚すると良い。

怒りは和らいで、自分を振り返る機会になる。

 

そんなことを、ぼんやりと考えている。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です