健康寿命が伸びると国も助かる

少し古い記事ですが、2014年12月29日配信の朝日新聞デジタルによれば、

 

健康状態に問題がなく自立して暮らすことができる期間を示す健康寿命を長くして、介護が必要な人を減らすと、10年間に5兆~2兆円程度の医療・介護費用が節減できる。こんな推計を厚生労働省研究班(主任研究者=辻一郎・東北大教授)がまとめた。研究班は、歩行や食事に何らかの支えが必要な「要介護2」以上に介護が必要な人の合計が2011年時点から20年まで、1年に1%ずつ、10年で計10%減ると仮定。それによる節減額を厚労省がまとめた介護費や、宮城県大崎市の医療費から推計した。この10%が全て介護が不要な状態になると、10年間で5兆2914億円、10%が全て、移動などに部分的な介護が必要な「要介護1」だと、2兆4914億円が低減できるという。平均して1年間に5291億円、2491億円になる。

 

ということのなのですが、言うは易し。

高齢化がすすむなかで、健康に歳をとる方を増やすには、

まず、私たち一人1人が、病気に対する知恵を身につけ、意識を変えていくことが大事だと思います。

健康寿命について、医知場の関連記事をご紹介します。

 

関連記事

平均寿命と健康寿命

寝たきりにならない生活習慣病とのつきあい方

 

 

 

 

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です