特別養護老人ホームは、何が特別なの

最近、よく耳にする「特別養護老人ホーム」

通称、特養(とくよう)

 

特別養護老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人が運営する、公的な介護施設です。

ですから、一般の有料老人ホームに比べて、入居一時金がなく、月額の利用料も安く抑えられています。

入所できるのは、

65歳以上

要介護度1以上

の高齢者です。

 

今年(平成27年)4月からは、

新規に入所できるのは、要介護度3以上の方に限られます。

要介護度の低い方は、入所できなくなります。

 

では、特別がつかない、養護老人ホーム、とは何なのかというと、

65歳以上

病気がなく、介護の必要がない

自立した高齢者で、

生活保護を受けている、低所得などの理由で自宅で生活できない、

と各市町村が審査して入所できるようになります。

 

養護老人ホームは、介護はできないので、

要介護と認定された方は、入所できません。

養護老人ホームの費用は、各市町村が負担することになるので、

負担増を敬遠して、審査を控えるところもあるようです。

 

さて、特別養護老人ホームが、養護老人ホームと比べて特別なのは、

介護サービスが受けられる、ということです。

特別養護老人ホームは、需要に対して、施設数が少ないため、

入居まで数百人待ち、数年待ちということも、よくあります。

生きている間にたどり着けない列に、並んでいる人がたくさんいます。

そういう意味でも、特別、なのかも知れません。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です