医療・介護関連肺炎(NHCAP)

85歳以上の高齢者の肺炎による死亡率は、若年成人の1000倍以上であり、

90歳以上の男性に限れば、死因の第一位です。

施設や長期療養型の病院、自宅などで寝たきりの患者さんなどは、

誤嚥のリスクが高く、栄養状態、免疫力の低下などにより、

肺炎を起こすことが多く、医療・介護関連肺炎といいます。

*医療・介護関連肺炎=NHCAP(Nursing and Healthcare-associated  pneumonia)

 

こうした患者さんは、肺炎を繰り返すことが多く、強い抗生剤を長期に投与せざるを得ず、

結果として、抗生剤の効かない「薬剤耐性菌」に感染してしまうことがあります。

 

ふだん元気に自宅で暮らしている方がかかる肺炎を、「市中肺炎」と呼んでいますが、

病院や施設でかかる肺炎とは原因菌が違うことが多いのです。

抗生剤の効きにくい原因菌、患者さんの免疫力・体力・栄養状態、もともと持っている病気の状態などにより、

医療・介護関連肺炎は、致命的な結果になることがあります。

 

誤嚥性肺炎は、病院や施設で寝たきりの患者さんによくみられる肺炎です。

口腔内の細菌が原因になるので、口腔ケアは肺炎予防に効果があります。

また、肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチンの接種も重要です。

胃に直接チューブを入れて栄養剤をいれる「胃ろう」は、誤嚥性肺炎の予防効果は明らかではありません。

 

<医療・介護関連肺炎(NHCAP)の定義>

1.長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している

2.90日以内に病院を退院した

3.介護を必要とする高齢者、身障者

4.通院にて継続的に血管内治療(透析、抗菌薬、化学療法、免疫抑制薬などによる治療)を受けている

 

<NHCAPにおける耐性菌のリスク因子>

・過去90日以内に2日以上の広域抗菌薬使用歴

・経管栄養をしている

 

<NHCAPにおける原因菌>

1.耐性菌のリスクなし

・S. pneumoniae

・MSSA

・グラム陰性腸内細菌(Klebsiella属, E.Coliなど)

・H. influenza

・口腔内連鎖球菌

・非定型病原体(とくにChlamydophila属)

2.耐性菌のリスクあり

上記の菌種に加え、

・P. aeruginosa

・MRSA

・Acinetobacter属

・ESBL産生腸内細菌

 

参考

医療・介護関連肺炎診療ガイドライン 日本呼吸器学会 医療・介護関連肺炎(NHCAP)診療ガイドライン作成委員会編 2011.

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です