リフィーディング症候群

リフィーディング症候群とは、

長期間絶食状態が続いた患者に対し、急速に栄養補給を行った際におこる異常で、

血中のリンが不足して、さまざまな臓器障害を起こします。

重症の場合は、心不全、横紋筋融解、呼吸不全、不整脈などの多臓器不全を起こし、

致命的ななることがあります。

 

がんや神経性食思不振症など、長期間の低栄養状態が続いている患者では、

最初は、必要量の半分程度から始め、ゆっくり投与量を増やしていくことが重要です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です