生活のリズムが乱れると健康を害する

毎日、決まった時間に、起きて、眠る。

しかし、仕事の関係で、決まったリズムで生活できない方も多い。

シフトで、夜間、日中と勤務時間が変わる、

看護師、警備員、製造工場勤務者などのシフトワークの健康への影響が指摘されている。

 

シフトワークは、肥満やメタボリックシンドロームのリスクが上昇することが報告されている。

さらに、こうした勤務状態が長期間続くほど、リスクは高くなる。

 

その原因としては、

家族との生活パターンのずれによるストレス、

シフトワーク中に目を覚ますために喫煙する、

シフトワーク後に眠るために飲酒する、

定期的な運動習慣が難しくなる、

など、生活習慣に関する行動の変化が、

肥満、メタボリックシンドロームの増加に関係していると考えられる。

 

さらに、不眠が生活習慣病と関連することも指摘されている。

不眠が糖尿病、高血圧、心筋梗塞などを増加させ、

睡眠時間が短いほど、リスクは高くなる。

 

シフトワーカーは、生活スケジュールと、本来、体に備わっている体内時計が同調できなくなり、健康に影響がでやすくなる。

勤務時間が不規則になる仕事では、より、生活習慣病に対する意識が必要になる。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です