リハビリのプロたち

病気や事故で、いったん低下した体の機能を回復する訓練を、リハビリテーションといいます。

リハビリテーションには、多くのプロが関わっています。

いろいろな職種があり、わかりにくいのですが、紹介させてください。

 

理学療法士はPT(Physical Therapist)といわれ、

麻痺したり、筋力が落ちている手足を動かすための訓練を行います。

 

作業療法士はOT(Occupational Therapist)といわれ、

トイレや入浴などの日常生活のための訓練を行います。

 

言語聴覚士はST(Speech-Language-Hearing Therapist)といわれ、

食べる機能、話す機能の訓練を行います。

 

最近、よくお世話になっているのがPTさんです。

高齢になり、飲みこむ機能が落ちてくると、食べ物を肺に誤嚥して、誤嚥性肺炎を起こします。

食べる機能が回復しないと、何度も肺炎を繰り返し、ときに、致命的になることがあります。

食べて、飲みこむ、この基本的な動作は、生活する上で最も重要な機能のひとつで、

嚥下の回復は、病院から家に戻るための鍵を握っています。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です