肥満を防ぐ食行動

肥満の人は、目的なく食べる、早食い、食べたことを意識しないなど、食行動に問題のある場合が多いです。

食べることは、もっとも基本的な生活習慣ゆえに、治すのが難しいものです。

今日は、肥満を防ぐための10箇条を紹介しますが、言うは易く行うは難し。

いきなり全部を実行することは難しくても、できることから始めたいものです。

今日は、特別な日ではないのですから。

 

1.食べる場所・時間を決める

2.今食べても良いかどうかを考える

3.食事の間隔を空けすぎない

4.外食を減らす

5.寝る前2時間は食べない

6.砂糖・油を使った料理は避ける

7.低エネルギー食品の活用

8.食べたものは必ず記録する

9.ゆっくりよく噛んで食べる

10.「今日は特別」や「あと一口」をやめる

 

参考

日本糖尿病療養指導士認定機構編 糖尿病療養指導ガイドブック 2014 メディカルレビュー社

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です