ビタミンDは過剰でも怖い

毎日、内服薬やサプリメントなどで、大量のビタミンDを摂取し続けると、

血液中のカルシウム濃度が高くなりすぎて、いろいろな症状が現れることがあります。

 

ビタミンD過剰になると、

食欲不振、吐き気、のどの渇き、多尿、体重減少、不整脈、脱力感、神経過敏などが起こります。

しかし、典型的な症状ではないので、症状だけから判定するのは難しいです。

さらにすすんで、カルシウムが腎臓にたまると、腎機能が低下し、腎不全になる場合もあります。

 

診断は、血液中のビタミンD濃度の測定です。

ビタミンDの濃度が高い場合は、ビタミンDの内服薬やサプリメントを中止する必要があります。

 

もちろん、ビタミンDは、体にとってなくてはならないものです。

ビタミンDは、食物として腸から吸収されるほかに、日光の紫外線を受けて皮膚で作られます。

日光にあたる時間が不十分で、食物からもビタミンDが補給されないと、ビタミンDが欠乏します。

皮膚で作られたり、食品から摂取したビタミンDは、

そのままの状態では活性がなく、肝臓と腎臓でそれぞれの代謝を経て、活性型に変化します。

ビタミンDは、小腸でのカルシウムの吸収を促進して、

血液中のカルシウム濃度を維持し、骨の正常な石灰化を促します。

ですから、ビタミンDが不足すると、骨がもろく、折れやすくなってしまいます。

 

ビタミンDを天然に含む食品は非常に少なく、

サケ、マグロ、サバなどの脂肪の多い魚

牛のレバー、チーズ、卵黄、キノコ類くらいです。

 

高齢者では、日光の紫外線を受けてビタミンDを作る効率が低下したり、

ビタミンDを活性化する腎機能が低下したりして、

ビタミンDが不足しがちになります。

そこで、ビタミンDを補うことは理にかなっているのですが、

漫然と大量のビタミンDを摂取し続けていると、

ときに過剰になって副作用を起こしてしまいます。

 

ビタミンDに限らず、

ビタミン類は不足しても、過剰になっても害を起こすことがあるという認識が必要です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です