糖質ゼロならアルコールはOK?

糖尿病の患者さんから、「糖質ゼロの発泡酒なら飲んでいいか。」と、聞かれました。

結論から言うと、おすすめしません。

 

糖質ゼロ、プリン体オフ、カロリーゼロ。

確かに、体に良さそうな謳い文句が並んでいます。

しかし、糖尿病の患者さんに良くないのは、アルコールそのものです。

アルコールが、直接、肝臓や膵臓に負担をかけて、糖尿病のコントロールを悪くするからです。

 

一生、絶対、アルコールを禁止するつもりはありません。

血糖のコントロールが良くなれば、アルコールは許可します。

もちろん、適量の範囲を指導します。

 

それまでは、できるだけアルコールを控えるのが、糖尿病を良くするコツです。

たとえ、糖質ゼロでも、コントロールが良くなるまでは、我慢しましょう。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です