インフルエンザは何日休む

インフルエンザと診断されたら、学校や会社は何日休めばいいのでしょう?

患者さんからよく聞かれることを、まとめてみます。

 

学校保健安全法では、インフルエンザにかかったときの出席停止期間は、

「発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」

とされています。

 

これがちょっとわかりにくいのですが、

発症した日は熱が出た日とし、熱が出た日を0日目と数えます。

同じように、

熱が37℃未満の平熱に下がった日を0日目と数えます。

 

熱が出た日を0日目として全部で6日間、かつ、

熱が下がった日0日目として全部で3日間、

出席できないことになります。

 

たとえば、発熱した日にインフルエンザと診断され、薬を飲んで次の日に熱が下がったとすると、

発症日
(0日目)
発症後
1日目
発症後
2日目
発症後
3日目
発症後
4日目
発症後
5日目
発症後
6日目
発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
    登校可

 

発熱が3日続いたとすると、

発症日
(0日目)
発症後
1日目
発症後
2日目
発症後
3日目
発症後
4日目
発症後
5日目
発症後
6日目
発熱 発熱 発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
登校可

 

熱が下がった日をいれて3日間、

発熱した日をいれて6日間は、出席停止ということになります。

 

大人の場合は、法律で決められているわけではありませんので、

会社の規定によることになります。

原則的には学校と同じ対応が望ましいですが、

インフルエンザと診断されたら、会社に問い合わせて確認してください。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です