近くの急性期病院がなくなる日

今年(平成28年)は、病院の料金にあたる「診療報酬」が改定される年です。

診療報酬は2年ごとに改定され、4月1日から改定される診療報酬の詳細が、先日発表されました。

 

病院は、手術や集中的な治療を行う「急性期病院」と、リハビリや療養を行う「慢性期病院」に大きく分かれます。

急性期病院に、慢性期病院の機能を併せ持つ「ケアミックス病院」というものもあります。

 

入院基本料という1日あたりの入院料は、看護師の数、重症患者の割合などによってランク付けがされています。

急性期病院は、入院基本料の中で最高ランクの7:1という基準を目指して運営されています。

たくさんのスタッフや器材を投入する分、それなりの収入が必要だからです。

 

この4月の改定では、基準となる重症患者の割合が引き上げられ、かつ、重症という定義もさらに厳しくなります。

中小病院の中には、新しい基準をクリアできない病院がでてくると予想されています。

地域密着型の病院には、この基準の厳格化をもろに受ける病院があるはずで、

それは、あなたの近くにある通い慣れた病院かも知れません。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です