内科医が教える薬の心得

旅行のアプリで行き先を調べると、いくつかの路線の候補の横に、早、安、楽とでてくる。

一番早く着く、値段が安い、乗換の少ない楽な路線ということだ。

さて、この早安楽は、医者が処方する薬にも当てはまる名言だと気づいた。

 

どんな病気でも、早期発見、早期治療にまさる治療はない。

早く取りかかれば、早く治る。

早いということは、まず、大事なことだ。

 

これには二つの意味がある。

まず、安全であること。

副作用の少ない薬を、副作用がでないように使うこと。

効果のない薬をだらだらと使って、副作用ばかりがでては、何のための薬かわからない。

安全は、安心にも通じる。

 

もうひとつ、安いということ。

国も個人も懐には限りがあるので、同じ効果なら安い方が良い。

とくに、財政の厳しい昨今、費用対効果は医療にも当てはまる。

 

薬は、いったん飲み始めると長期間にわたって、服用することが多い。

ならば、薬の数は少ない方がいい。

最近は、2つ以上の成分を1剤にした配合錠が増えているので、

こうした薬を使うことで、一剤でも薬の数を減らすことができる。

 

薬には、食前、食後、食直前、食直後、食間など、食事との時間を指定するものが多い。

これに、朝だけ、朝と夜、朝・昼・夜、寝る前などなれば、高齢者などは混乱するのは当たり前だ。

朝だけの薬を、1日3回飲めば、糖尿病の薬では低血糖を起こして命に関わることがある。

飲み方を整理して、飲みやすい薬を選ぶ。

同じ時間に飲む薬は、一つの袋にまとめる(一包化という)。

医者も、薬を飲む側にあわせて、処方をする優しさが必要だ。

 

内科の治療も、早安楽。

同じゴールを目指すなら、早、安、楽を選びたい。

糖尿病治療の心得
写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です