良いめまい、悪いめまい

「めまい」は、患者さんの訴える症状の中でも多いものの一つです。

しかし、ほとんどは自然に治る良いめまいです。

ただし、すぐに治療が必要な悪いめまいも隠れています。

 

めまいの原因には、「末梢性めまい」と「中枢性めまい」があります。

 

耳の中の平衡感覚のセンサーである前庭がおかしくなるにが、「末梢性めまい」

脳の血管がつまって平衡感覚の制御ができなくなる、「中枢性めまい」

です。

 

末梢性めまいは、一般に良いめまいですが、

中枢性めまいは悪いめまいですから、すぐに治療が必要です。

めまいの大半が「末梢性めまい」で、なかでも「良性発作性頭位めまい症」が多く、

めまい患者全体の20-50%といわれます。

「良性発作性頭位めまい症」は、頭位、つまり、頭の向きを一定方向に向けたときに症状が強くなります。

朝起きた時や、寝返りをうったりすると、めまいが激しくなるのが特徴です。

良性と名がつくように、安静にしておけば、短期間で自然に治る病気です。

 

心配なのは、「中枢性めまい」です。

中枢性めまいは、めまい患者のわずかに1-3%ですが、

脳梗塞や脳出血が原因となることがあり、治療は緊急を要します。

 

中枢性めまいは、平衡感覚の神経の通り道である脳幹、

平衡感覚の司令塔である小脳の障害で起きることが多いです。

 

手足や顔面のまひ、

言葉がしゃべりにくい、

ものが二重に見える、

立ち上がったり歩くことができない、

などのめまい以外の症状を伴うことが多いのが、末梢性めまいとの違いです。

 

中枢性めまいは、CTやMRIなどの検査を行い、すぐに治療が必要な場合があるので、

放ってはおけない危険なめまいです。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です