無人島では風邪はひかない

無人島に流されて、ただ一人。

という状況を想像してください。

当然、病院も薬も無いわけで、

そんなとき、「風邪を引いたら、どうしよう?」

 

大丈夫です。

無人島では、風邪は引きません。

風邪、正確には「感冒」は、

他人の咳に混じっているウイルスが感染源になります。

 

他人がいない無人島では、感染源がいないので、風邪は引きません。

無人島のメリットは、感染源になる他人がいないことです。

 

でも、肺炎にはなります。

肺炎は、他人から感染することも多いのですが、

自分が感染源になることがあるからです。

 

とくに、口の中には、肺炎の原因となる細菌が住んでいますから、

この菌を誤嚥し肺の中に入ると、たちまち、ひどい肺炎を起こしてしまいます。

抗菌薬がない無人島では、命が危なくなるでしょう。

 

無人島では、風邪の心配はありませんが、

歯磨きをしっかりして、口の中を清潔に保たないと、肺炎で命を落とすでしょう。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です