認知症は進行する病気です

認知症は、単に記憶力が低下しているだけではなく、日常生活が困難になる病気です。

病気ですから、進行します。

認知症の7割近くを占めるアルツハイマー病の進行は、FAST分類がよく使われ、

一般の方にも理解しやすいと思います。

 

FASTは、認知症の進行度を7段階に分類したもので、これを使って、

現在の病気の進行度や、今後どのように症状がすすんでいくかを予想することが可能です。

たとえば、入浴に介助が必要になったり、失禁するようになると、ステージ6の進行度。

話ができなくなったり、感情の表現が乏しくなると、最重度の状態と考えられます。

 

アルツハイマー病の進行ステージ(FAST分類)

ステージ 臨床診断 特徴
1 正常成人 主観的にも客観的にも機能障害なし
2 正常老化 物の置き忘れ、もの忘れの訴えあり。換語困難。
3 境界領域 職業上の複雑な仕事ができない。熟練を要する仕事の場面では機能低下が同僚によって認められる。新しい場所への旅行は困難、
4 軽度 パーティーの計画、買い物、金銭管理など日常生活での複雑な仕事ができない。
5 中等度 TPOに合った適切な洋服を選べない。入浴させるために説得することが必要なこともある。
6a やや重度 独力では服を正しい順に着られない。
 b 入浴に介助を要する。入浴を嫌がる。
 c トイレの水を流し忘れたり、拭き忘れる。
 d 尿失禁
 e 便失禁
7a 重度 最大限約6個に限定された言語機能の低下
 b 理解しうる語彙は「はい」など、ただ1つの単語となる。
 c 歩行能力の喪失
 d 坐位保持機能の喪失
 e 笑顔の喪失
 f 頭部固定不能、最終的には意識消失(混迷・昏睡)

Sclan SG et al. Int Psychogeriatr. 1992;4 Suppl 1:55-69.

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です