熱中症で救急車

毎日、熱中症の患者さんが救急車で運び込まれてきます。

屋外で働く方が連日で運び込まれることもあります。

こまめな給水と冷却しか予防法はないのですが、それでも熱中症になる異常な夏が続きます。

おかしいと思ったら、すぐに近くの人に声をかけ助けを呼びましょう。

くわしい熱中症の記事は、画像リンクをクリックしてご覧ください。

熱中症

2017.07.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です