CRP、炎症反応をみる検査

医者がよく使う言葉で、何となくわからないのが、炎症(えんしょう)です。

炎症とは、細菌やウイルスが体内に入り込んで、体がそれに反応している状態です。

赤くなったり、熱を帯びたり、腫れたり、痛くなるのが、炎症が起きているサインです。

 

炎症と似ている言葉に、感染症(かんせんしょう)があります。

感染症は、病気のもとになる微生物(病原体)が、体の中に侵入して起きる病気です。

おもな病原体となる細菌やウイルスは、空気中や水、土壌、動物など、私たちの身近に潜んでいます。

 

炎症の程度を判断する、代表的な検査がCRP(シーアールピー)です。

CRP(C反応性蛋白)は、炎症が起きると血液の中に増えてくるタンパク質です。

炎症が強いほど、この数値は増えてきます。

逆に治療によって、炎症が落ち着いてくると、数値は正常化していきます。

ただし、この数値は炎症の沈静化からやや遅れて正常化していくので、

実際の経過からはややずれていくので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です