都会での開業はご遠慮ください

過去5年間で新規に開業した診療所の6割は5大都市部で、東京23区 37%、名古屋市 9%、福岡市 8%、大阪市 6%、札幌市 5%

厚生労働省は、2020年度から都市部での新規開業に、在宅診療や休日・夜間の診療などの厳しい条件をつけて、都市部での開業を制限する方針を打ち出した。こうした条件を超えられない診療所には、郊外や地方などで開業することを促す。

診療所の適正配置という名目だが、事実上、開業規制であり、今年度からの都市部での新規開業には、厳しい足かせがつくことになった。

人口10万人あたりの外来医師数は、全国平均で105人。東京都心部 192人、大阪市 129人。福岡市は144人で、医師超多数区域。

診療所の開業場所も自由に選べないとなると、そもそも開業する気もなくなりそうだが、それが国の方針ということだろう。

参考

日本経済新聞 電子版 2019/5/24
厚生労働省 「地域における外来医療に係る医療提供体制の確保」 平成30年12月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です