DPC、入院費の定額払い制

今までの病院の入院料金は、検査、薬など患者さんの治療にかかった料金を合計して計算する出来高払いでした。この数年、大病院を中心にDPCという定額払い制が導入されています。
DPCでは、病名や診療内容から患者がどのような病気かを分類し(診断群分類)、分類ごとに1日あたりの入院費用が決められます。この費用には、薬、看護、室料などが含まれますが、手術やリハビリなど出来高払いの部分と組み合わせて計算することになります。
DPCでは、入院初日から数日間は高い料金が設定され、入院日数が伸びるほど料金が減額されていきます。また、薬や注射の料金が含まれた料金ですので、安い薬を短期間使った方が利益が上がります。
より短期間で、より安く病気を治す、効率的な医療のための支払い制度といわれています。厚生労働省は、今後、中規模病院にも導入していく方針です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です