ヘモグロビンエーワンシーが、0.4%上がりました

HbA1c、ヘモグロビン・エー・ワン・シーは、

1日の血糖値の平均がわかるので、糖尿病に治療に大変参考になる検査です。

食事と関係なく、採血するだけでわかる数字で、糖尿病の診断にも使われています。

 

不思議なことに、この数字は、欧米で使われている国際標準値(NGSP)と、

日本で使われている値(JDS)に、0.4%ほどのずれがあります。

ガラパゴス化していたのです。

 

すでに、専門家が論文や学会発表でHbA1cを使うときには、国際標準値に統一されていますが、

日本糖尿病学会では、平成24年4月1日から、日常臨床でも、国際標準値に統一することになりました。

 

つまり、患者さんが、今まで測定していた値が、

4月1日から、0.4%増えることになりました。

もう一度、

新しいHbA1c=以前のHbA1c+0.4

となります。

 

しばらくは、新しいHbA1cと以前の数値を併記することになるので、混乱があるかもしれません。

急に糖尿病が悪くなったのではなく、基準値が変わったので、心配する必要はありません。

このことは、また、外来などで、何回か説明することになると思います。

>> HbA1c変更のお知らせパンフレット HbA1cが変わります

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です