糖尿病はHbA1cで診断する

今日の日本糖尿病学会で、HbA1cが正式に糖尿病の診断基準として、採用されることになった。

HbA1cは、1回の採血で1日の血糖値の平均値がわかる検査。

これまでも、糖尿病の診断にHbA1cが適当なのはわかっていたのだが、基準値をどこに設定するかが問題だった。

これは、日本のHbA1cが国際規格から0.4%低くなっているからだ。

今後は、日本も国際規格にあわせて、基準値が変更される。つまり、今の数値から0.4%高くなる。

2年ほどかけて、新しい数値に移行する予定らしい。

国際規格のHbA1cが6.5%以上、今の日本の測定値で6.1%以上の人は、糖尿病と診断されるので、より、簡便に糖尿病の診断ができるようになった意義は大きい。

しかし、患者さんへの説明では少々、混乱が起きるかもしれない。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です