MRIでわかる認知症

認知症では、脳の中の記憶を司る「海馬(かいば)」という場所が萎縮することが特徴的です。

脳のMRI検査は、海馬の萎縮をみることで、認知症の可能性をチェックします。

最近では、MRI画像を読み取るソフトウェアが進歩し、

簡単に海馬の萎縮を解析することができるようになりました。

 

しかし、MRI検査は補助的な検査で、これだけで認知症を診断することはできません。

従来からある質問形式の聞き取り検査と、組み合わせて、診断の参考にします。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です