糖尿病と足のしびれ

糖尿病を放置すると、5年で神経に、7年で眼に、10年で腎臓に合併症がでるといわれています。もちろん、これは大まかな目安ですが、糖尿病による神経の異常は、かなり早い時期から現れることが知られています。

しかし、足のしびれや痛みなどは、患者さんの訴えでしかわからず、見過ごされることも多いのが実状です。糖尿病による神経障害を早期にみつけることが、治療の第一歩です。

糖尿病の患者さんで、次のような症状がある場合は、すぐに主治医に相談してください。

  1. 足先がジンジンしびれる
  2. 足先がピリピリ痛む
  3. 歩くとき、砂利の上を歩いているとか、足の裏に紙がはりついた感じがある
  4. 安静時や睡眠中に足がつる(こむらがえり)

くわしくは、糖尿病神経障害 をご覧ください。

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です