ハーメルンの笛吹き男を追いかけるな

昔、ハーメルンという町に派手な衣装の男がやってきた。男は笛を吹きながらネズミの群れを川におびき寄せ、ネズミは残らずおぼれ死んだ

ところが、ハーメルンの人々は男に報酬を払わなかったので、男は怒りながら町をでた。

しばらくして、男は町に帰ってきた。男が再び笛を吹き鳴らすと、ハーメルンの子どもたちはみんな男の後を追いかけて、二度と町には戻らなかった。

有名なグリム童話、「ハーメルンの笛吹き男」のお話だ。

病院や診療所は、診療報酬の笛に引きつけられるネズミに似ている。

その向こうには越えられない川が流れていることを、みんなが知っている。

でも、この笛についていかなくては、すぐに死んでしまうからだ。

増えすぎたネズミは死んでもいい、と思う人もいるだろう。

やがて、今の医療が壊れた後に、ハーメルンの笛吹き男の正体がわかる時がくる。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です