肥満、技あり。あわせて一本。メタボ健診

来年から、40~74歳までのすべての国民を対象に健康診断がはじまる。正式には、特定健診という。内臓肥満、いわゆるメタボリックシンドロームの人が対象になるのでメタボ健診ともいわれている。
健診でひっかかるのは、
まず、腹回りが男で85cm以上、女で90cm以上の人
または、BMIが25以上の肥満がある人で、
1.空腹時血糖が100mg/dl以上、またはHbA1c 5.2%以上
2.中性脂肪が150mg/dl以上、またはHDL(善玉)コレステロールが40mg/dl未満
3.上の血圧が130mmHg以上、または下の血圧が85mmHg以上
4.喫煙している人
このうちのいずれかにあてはまる人は、
動機づけ支援、または積極的支援という指導を病院などで受ける必要があります。
動機づけ支援は、
原則1回の面接を受けて、生活指導を受けた後、
6ヶ月後に面接、電話、メールなどで効果を評価します。
積極的支援は、
初回面接と、3ヶ月以上の継続的な生活指導が行われます。
6ヶ月後に面接、電話、メールなどで効果を評価します。
内臓肥満で技あり。
血糖、脂肪、血圧、喫煙のどれかで、あわせて一本。
保健指導の対象になります。
くわしくは、
医知場 
「特定健診」 
「セルフチェック-メタボ健診」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です